忍者ブログ

くるりん名札で子供を守る

2016年04月09日
子供や生徒が被害にあう事件が相変わらず後を絶ちません。東中野で監禁されていた、朝霞の中学生も、玄関先の傘に書いてあった名前から、本名が分かったってんですから、世の中、油断も隙もないです。今まで、当たり前にしてたことが、非常に危険なことを呼び寄せるきっかけとなっているようです。

新学期を迎えて、親御さんたちが一番気になるのは、やはり児童の登下校時なのではないでしょうか?ネームプレートやランドセル、傘、道具袋など、ありとあらゆるものに名前を書くことが、新学期の準備の一つですからね。
やっぱり、変質者等が一番目に記憶させやすいのは、ネームプレート、名札なのでしょうね。

そんな、心配から生まれた、画期的な名札がありました。その名も「くるりん名札」です。ね、だいたいお分かりですね。
そう、名札をひっくり返したり、表にしたりしながら使える名札です。この名札、昨年、NHKの番組を見ていた時に、どこかの小学校の先生が、いたく推薦していたのです。そのときは、何の気なしにテレビを眺めていたのですが、今回の東中野の誘拐事件で脚光を浴びてきたようです。
登下校時は、名札をひっくり返して、自分の名前が見えないようにして、学校に入ったら、名前を見えるようにする。小さなお子さんでも簡単にひっくり返せる構造になっているようです。
これなら、まずは、名札で本名をさらすこともないですから、まずは一安心ですね。

社会人の名札もこういうのあるといいですよね。昼休みにランチ食べに出たときに、くるっとひっくり返せる奴が欲しいものです。


PR

アレッポ石鹸ってなんぞや?

2016年03月02日
アレッポ石鹸というシリアの石鹸が非常に気になります。もともと、石鹸の発祥は中東とのことですので、さぞかし本格的な石鹸なような気がします。
アレッポとは、中東シリアの地名だそうで、正式にはアレッポ産石鹸ということになるのでしょうか。
素材は、もちろん総天然のオリーブオイル。ね、中東っぽい香りプンプンです。
それも1000年前からの変わらぬ製法だっていうんですから、世界遺産なみですね。
この、アレッポ石鹸、人間の皮脂に近いオリーブオイルを使ってますから、肌へのなじみがいい自然派の石鹸と言えるでしょう。
それから、防腐剤や添加物を配合していませんから、お子様から大人まで誰でも安心して使うことができます。
オリーブオイル配合ですから、汚れだけを落としてお肌の潤いはそのまま残してくれるんだそうです。
用途は、洗顔はもちろん、シャンプー、ボディーソープ、髭剃りのシェービングソープ」として。はたまた、芳香剤としても使用できちゃいます。お洗濯の前の、シャツの襟元の汚れ落としでも効果があるようです。
お使いになられた方の感想としても、「洗い上がりがさっぱりとして非常によかった。」「洗顔に使っています。ドラッグストアに置いていないので、もっぱらここから購入しています。」「ウッディーな香りがなんとも言えないです。乾燥肌なので、大変重宝しています。」
など、使用者の好評価の声が続々と届いてるようです。
ぜひ、この機会に、アレッポ石鹸、一度お試しになられてください。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。

コロガサナイトが流行るかも

2016年02月24日
コロガサナイト。これ何だと思います?実はコレ、傘なんです。傘と転がすをかけて、「コロガサナイト」いいネーミングです。いま、この傘が人気のようなのです。

皆さんは、傘を持つのが億劫じゃないでしょうか?自分は、傘、特に長傘を持つのが非常にいやなんですね。イギリス紳士じゃあるまいし。傘の先が地面につかないように、少し腕を
まげて、優雅に歩くなんてできません。かといって、傘を杖のようにして歩くもの恥ずかしいですしね。
そんな、傘の持ち歩き方を解決してくれそうな傘があったのです。それが、このコロガサナイト。傘の先に、車がついてますので、傘をささない時は、この車の部分を地面につけて、
転がすように傘を持ち運べるわけです。よく、考えたものです。きっと、考えた方も、傘の持ち運びに苦労した方なのでしょう。

これは、きっと、雨の日が楽しくなりますね。車のタイヤの部分は、PU樹脂を使っているようですので、アスファルトでもコンクリートでも滑らかに車を回すことができるようです。
音も静かなようですよ。キャリーカートのように、大きな音は勘弁願いたいところですからね。

傘7、本体はジャンプ傘の仕様になっています。親骨はポリプロビレン製ですから頑丈だと思います。傘を開いたときの直径は1メートルありますから、大人でも十分雨には濡れない
大きさだと思います。

雨上がりには、あなたの後ろをコロコロついてくる傘。なんだか、この梅雨の時期には、流行りそうなきがします。

コロガサナイトの詳しい情報は、こちらからご覧なってください。


 | HOME | 次のページ »

FX取引